SyncLife

GLOBIS CAPITAL PARTNERS & Co. ベンチャーキャピタリスト 上村康太 のブログ。

未来を創る(かもしれない)「31歳以下の日本人ベンチャーキャピタリスト」まとめ

f:id:kotacos:20130315190605j:plain

こんな記事を目にしました。


「選出される」ということはそれだけUSはベンチャーキャピタリストの層が厚いことを意味し、日本では選出どころかそもそも若手が少ないという現状があります。

30歳未満と規定するとあまりにも数が少ないので、今回31歳以下、としてまとめてみました。またその活動を追える人を対象とし、twitterアカウントがアクティブな方に絞っています。

 

佐俣アンリ(31)
ANRI/ジェネラル・パートナー
https://twitter.com/Anrit

鈴木 隆宏(31)
Cyber Agent Ventures/ジャカルタオフィス代表
https://twitter.com/takabos

佐々木 浩史(31)
Primal Capital/代表パートナー
https://twitter.com/hrssk1211

木下 慶彦(30)
Skyland Ventures/代表パートナー
https://twitter.com/kinoshitay

白川 智樹(30)
Cyber Agent Ventures/ヴァイス・プレジデント
https://twitter.com/shirakawa_t

湯浅 エムレ 秀和(30)
GLOBIS CAPITAL PARTNERS/シニア・アソシエイト
https://twitter.com/emreyuasa

前田ヒロ(29)
BEENEXT/パートナー
https://twitter.com/djtokyo

上村 康太(29)
GLOBIS CAPITAL PARTNERS/アソシエイト
https://twitter.com/Kotacos

木暮 圭佑(24)
TLM/ジェネラル・パートナー
https://twitter.com/keysket

笠井レオ(23)
IF Angel/代表パートナー
https://twitter.com/Reo_Kasai

 

IPOベンチャーのEXITの主である日本では、明確なトラックレコードはVCの仕事を始めてから最低5年ほどのスパンが必要で、実績と言えるレベルになるのには10年ほどかかると一部では言われています。

現状、成功とも失敗とも言えないフェーズであり、若手がなんぼのもんじゃいという時期ではありますが、このメンバーおよび今後新たに加わっていくキャピタリスト達の活動を生暖かく応援頂ければと思います。

自分自身は起業家からのVCへの転身ということで、「いつVC辞めてまた起業するんですか?」とよく聞かれますが、自分はそんな生半可な気持ちでベンチャーキャピタルという世界には入っていませんので、これまでの経験をもとに一生この仕事をやってやろうという覚悟でいます。

まだまだ、若手ベンチャーキャピタリストは層が薄いです。これからの日本のベンチャーコミュニティを共に担ぐ仲間がこれからもっと増えて、切磋琢磨できることを願います。