読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SyncLife

GLOBIS CAPITAL PARTNERS & Co. ベンチャーキャピタリスト 上村康太 のブログ。

これから30代を迎える20代の僕達へ

明けましておめでとうございます。遂に2014年の幕が開けました。毎年感じることですが、昔からこの年末年始の寒い空気に体と精神が溶けこんでいきそう感じが僕は好きです。

 

2013年を振り返ってみると、自分にとってはこんがらがった思考の整理を行ないながら、迎える日々と対峙する。そんな一年でした。

 

去年、僕は27歳という年を迎えました。迎えるまでは、「あーそろそろ27かぁ」ぐらいに考えていたんですが、迎えた瞬間にこれまで味わったことのないなんとも言えない焦燥感を感じたことを覚えています。一体その正体はなんなのか、そんなことが頭から離れない年の暮れでした。

 誕生日を迎えた翌日に僕はFBに下記のようなポストをしました。

f:id:kotacos:20140105135905p:plain

 

そんな中、ふとこんなことを思いました。

これまで過ごしてきた20代とこれから迎える30代って何が違うんだろう?

周囲の人に聞いても「別に何も変わらないよー」といった感じ。

ほんとなのだろうか。

 

なんとなく釈然としないまま放置していたのですが、ある日こんな動画に出会いました。


メグ・ジェイ: 30歳は昔の20歳ではありません | Video on TED.com

 

臨床心理学者のメグ・ジェイが、男女問わず全ての20代の若者が知るべきこと、というテーマで語っています。

 

優れたプレゼンテーションというものは、要約ではなく頭から最後までのパッケージで見るべきもという考え方をもっていますので、内容に関してはここでは深くは触れませんが、是非同世代である20代の皆に見てもらいたいと思います。

 

僕は中学校の頃から、誕生日を迎えるたびに頭の中に四等分された円グラフが浮かぶようになりました。0歳、20歳、40歳、60歳と目盛りの振られた一生を80年と設定した円グラフです。

 

20歳を迎えた時に、周囲が「ハタチやー!」「酒飲めるぞー!」とはしゃいでる中で(自分も含む)、脳裏で「え。もう1/4?」とゾクッとした覚えがあります。

 

一般的に人が働いている期間は "下の半円" のみです。

そして、そのうち初めの半分が20代と30代です。

20代が終わるということは、素晴らしい働いていられる期間の1/4が終了するということを意味します。

 

何をくだらんことをグジグジ言っとるんや、という感じかも知れませんが、悩むというととても後ろ向きに聞こえますが、それをくだらないと片付けてしまったら、一時的に楽になれるんですが、後の後悔に繋がるため、こんな風にして意識的に自分を焦らせるようにしています。

 

同世代の仲間の皆さん、大いに悩みましょう。

ただ、一番イケてないのは悩むだけで足が停止することです。

悩みが周囲への不満に転換したときは赤に近い黄色信号です。

何も生み出さないですからね。

 

大事なことは、悩みながらも

自分の未来に対して絶対的な自信と大きな希望をもって、

自分の未来への投資をし続けることである。

 

そんな風に感じた2014年年始でした。

 さあ、今年を去年以上に最高の一年にしてやりましょう。